カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2015年、ひきつづき失速なく、どうにか

maruchan20150124

時間的に過酷な日々に、ブログ放置すること1か月以上。コメントのお返事が1か月以上も遅れて失礼してしまい、本当に申し訳ございませんでした<(_ _)>

9月から12月21日まであった民族学の夜間スクーリング、途中で熱のあった日、レポート上げたために睡眠数時間しか取っていない日などありましたが、もったいないので1日も欠かさずに通い続けました。それほどの価値のあるY先生の素晴らしい講義、一言たりとも聞き逃したくないほど熱中できましたので、終わってしまった後に寂しい気持ちになったほど(笑) 時間があるときに民族学の内容、少しでもご紹介できればと考えています。

keio20150125

さて、1月の試験は前回不合格になった科目も含めて4科目の受験でしたが、今回もやはり忙しくて試験勉強に割く時間が足りず、結果に期待はできないな、という手応え。土曜日の試験後に相棒のライブがあって、さらに翌日また試験という、私としては「ムチと飴とムチ」みたいな厳しい2日間を過ごすはめになりました。だけど、相棒のライブはたったの一度すら見逃すことのできない貴重なものなので仕方がないのです~(笑)

2日目の試験に向かう途中、ばったりとcimicoさんに遭遇。これからお仕事に行かねばならないというタイミングで試験を受けられて頭が下がります。思慮深い人だから、きっと良い成績なのだろうな~

倫理学の試験会場に行くとUikaさんに遭遇。私と違って試験対策しっかりできているに違いないし、出来が今一つ良くなかったようなことを後で言われていましたが、絶対に私の比ではないと自信を持って言えます(笑) 

tokyotower20150125

現実的に仕事の負担は重くなっていて、なかなか勉強できる時間というのは確保しにくい状況ではありますが、テキスト履修もだいぶ済んだので、今年は余裕を持ってやっていきたいと考えています。また少しずつブログも書いていきたいと思いますので、2015年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

PageTop

このところの下降気味な成績

秋は忙しかったので、ブログには何を書いて、何を書いていないのか、自分でも把握できていません。それどころか、10月の試験で何の科目を受けたのかすら、成績通知が来る頃まで失念していたくらいにボケていました(笑)

そのため、12月初めに提出期限のレポートを書く段になって、10月の試験が絶望的だったことを思い出して、再度落ち込まされたりして 

振り返ってみると、10月の試験では倫理学系の科目で山を外すなどして、あわよくばなどという希望も持てないほどにひどい出来栄えでした。また、考古学に関しては持ち込み可だったので、倫理学に時間を使ってしまって全く試験勉強せずじまい。

案の定、kcc-channelを見ても何も反映されておらず、全滅したことを確認できたのみでした。後日、郵送で試験結果を確認すると、倫理学と現代倫理学の諸問題は揃ってD、考古学はむなしいCという結果。そういえば考古学はレポートが不合格だった……

2014年度はレポートの不合格や試験のCを増やす、下降気味な成績になっています。それに比例しているのは仕事が忙しくなったこと。それを言い訳にしないで済むように、仕事の量は調整していきたいところです。挽回のために1月の試験はしっかり勉強して臨みたいと思います。



PageTop

kcc-channel で試験結果確認したけど(驚)

レポートを書かねばならない期間中なので、ブログのコメントのお返事などもろもろ我慢しております。来週月曜日以降には解禁する予定ですが、コメント頂いている方、失礼していてすみませんm(__)m

7月の試験はボロボロだったので、もしかしたら東洋史概説Ⅰは運良ければCかも、という程度でした。先ほどkcc-channelを見たら結果が反映されていて、運よくCでした。またもう一度勉強しなおすつもりだったのでCをもらって嬉しいような残念なような……。

それより驚いたのが、絶対にDだと思っていた歴史(東洋史)がBだったこと。え、本当ですか???というのが正直な感想です。情けないお話ですが……。

これら二つの群以外の科目からレポートを書こうとして大変な思いをしていたというのに。もっと早く結果が分かっていれば……。でもまたぎりぎりまで粘ってレポート書きたいと思います。あと3日ですが(^ ^; 

PageTop

東洋史は7月の試験で合格する

hirune.jpg

レポート提出も終わり、我が家を震撼させた車の故障事件も本日新しい車がやってくることで解決の予感。平穏な日が戻ってきたのでまるちゃんも気持ちよさそうに昼寝をしています。(←いいえ、毎日のことです)

昨年の7月の試験は土曜日の東洋史のみ申し込んでいたのですが、その後同じ日に合気道の演武会が開催されることが判明し、1科目だけだからということで合気道を取りました。

今年は同じ失敗をしないようにと、日曜日の科目のレポートだけを作成しようと思っていたのですが、レポート締切前に演武会の日取りが6月中になったことを知り、安心してA群の科目にも手を出した次第です。

東洋史概説Ⅰ
歴史(東洋史)
現代倫理学の諸問題

これら3科目を今回は申し込みました。

昨年7月に受験を断念した東洋史、何の因果か1年後にもまだ合格していない 

過去に2回受けたのですが、1回目勉強できず、2回目少し勉強したけど大きく山を外し、3回目は4月のはずだったのに何だか勘違いして同じC群の科学哲学のレポートを書いてしまったのでそちらを受験しました。

やはり東洋史は7月でないと合格しないらしい。

もちろん何の根拠もありませんが、そういうジンクスをしばらく信じてみようかと思います

PageTop

あきらめの4月試験結果が~!

先日、学友のブログでkcc-channelにて4月の試験結果を確認したと見たのですが、私のログインページには昨夜になっても結果が反映されておらず、「あ、もしや、これで反映されているということね!」(つまりどちらもDだった)と思い至って、独りさみしく笑っておりました(^^; 

しかし、先ほどだめもとで再度チェックしてみたら、私のkcc-channelにも良い結果が反映されていました

科学哲学 B
オリエント考古学 A

2科目とも合格で嬉しいですが、科学哲学については特に……ぼんやりとしかその内容を掴めていないのに、これでお別れの科目となりました

どちらも持ち込み可の科目だったので合格できましたが、でなければ全滅だったに違いありません。どうにか勉強できる環境を整えないと、今後卒論に取り組む際に心配です……。

今回の試験を終えての私の見解としては、科学哲学の試験に持ち込むものはテキストだけで十分(もちろんその他の分かりやすい参考書は役に立つと思いますが)、そしてオリエント考古学には参考文献として西洋史特殊Ⅰのテキストが有効活用できると感じました。

特にオリエント考古学の試験は、西洋史特殊Ⅰの内容をまとめなおしてのAでしたので、併せて勉強するのが絶対にお勧めです。

とりあえずホッとしたところで、レポートの追い込みです~

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。