カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国語学レポが本当に返ってきた

年末のことですが、わんこの散歩からの帰りにポストを見たらばレポートが返ってきているのを発見(*_*) ←すでに弱気… 薄さから国語学であろうと見当がつきました。

大急ぎで階段を駆け上り、ドアをけ破り、すでに年末の休みに入っていた相棒の顔に茶封筒を叩きつけ、「開けやがれ!!」と言い放ちました。

結果は、合格。ああ、良かった、切腹せずにすみました~(=_=)

本当に特に大したコメントもなくて、何だか本当に合格で良いのかどうか、つまらなさすぎて読むにも値しなかったのかしらとかと考えましたが、間違いなく不合格の「不」の字は付いていないようなのでほっと一安心です。

しかし、12月は忙しくて全く勉強できず、疲れ果てていた体調がようやく本調子に戻ってきたという状態で、また急ぎの仕事が入る可能性も多分にあるので、しばらくは気を許さずに頑張らねば~と思います。

ブログも中途半端にしか見られない状況が続いていますが、少し心の余裕ができたらまた、と思っています。

スポンサーサイト

PageTop

国語学のレポートが返ってきた…という夢

熱が出てもレポートを仕上げるために「勘違い」と自己暗示をかけてどうにか乗り切ったせいか、その後熱だけではなく咳もひどくなってしまって、喉がガラガラのオカマみたいな状態の今日この頃。

午前中は薬を飲んで寝込み、午後からは仕事のために起き出すという生活が週の初めから続いているのですが、ようやく回復の見込み… そんな中、国語学のレポートが返ってくるという夢を見ました。

日本語の使い方について2か所ほど注意され、これは駄目だ~と思ったら、一応「合格」という、縁起が良いのかどうなのか微妙な夢でした。

2013年度の課題は「地元の方言特有語(俚言)を3語取り上げ、それらがなぜ使われなくなってしまったのか、考察しなさい」というもので、私は出身地の九州の方言を取り上げたのですが、これがまた意外と俚言ともなるとなかなか出てこずに苦労しました。今も頻繁に使われているものならいざ知らず、使われなくなった方言、しかもその土地特有の言葉となると、関東の人など特に苦労する課題なのではないでしょうか。

私の場合は、小学校や中学校の同級生が使っていた特殊な単語を取りあげるなどしたのですが、一体全体これで課題の求めるものを捉えているのか自分でもよくわかりません。おそらく、その単語自体がどうであるかよりも、どうしてそういった言葉が使われなくなったのかを深めて考察することが求められているのだと思ったので、その点に重点を置いて論じました。

どうにか合格で返ってきてくれますように~~~と頭を抱えながら祈る日々です。

SN3T0279s.jpg

PageTop

最短新記録 国語学

日曜日、合気道の稽古に行く途中に、某図書館で受け取りの予約をしていた『標準語引き 日本方言辞典』と『講座方言学9 九州地方の方言』の2冊を借りてきました。辞典の分厚さの割には薄っぺらい国語学(画像の一番上に載っているテキスト)のレポートを書くためです。

SN3T0268s.jpg

課題は「地元の方言特有語(俚言)を3語取り上げ、それらがなぜ使われなくなってしまったのか、考察しなさい」というもの。

決して得意ではないけれど、言語学は何だかイメージ的に大好きなので、前々から興味のある科目でした。ちょうど試験群で空いている時間だったので、唐突に思いついて履修してみることにしました。

月曜日の朝、私の地元九州の使われなくなった俚言(りげん)って何があっただろうかと思いを巡らせ、母に電話してインタビューするなどし、レポート構成をだいたい組み立てました。

そして今日は朝から仕事をして、お昼過ぎからパソコンに向かってレポートを書き始め、途中仕事と食事中断をしつつ書き進め、22時前にほぼ終了。後は明日見直して、手書きレポートなので清書するという作業が残っていますが、これまでで最も早い仕上がりでした。

国語学のテキストは1949年に書かれたものだけあって、旧仮名と旧漢字が使われた読みにくいテキストなのですが、苦手感を取り除いてさらさらっと読んでみると、戦後に書かれたテキストだけに言葉の言い回しは特に難しくもなく、意外と分かりやすい内容です。

方言に関する箇所はそれほど多くないので流して読んで、その後レポートに取りかかり、結構楽しく考察することができたので、言語学や日本語学に興味のある人にはお勧めの科目です。

ところで、今回のレポートで表を挿入したいと思ったのですが、そういえば手書きレポート。もしや表も手書きにすべきなのか、それともそこはコピーの貼り付けで良いのかと少し迷い、事務局に電話して質問してみました。

しばし待たされて「調べてみましたが特に注意書きはないので、コピーやパソコンで作成したものを手書きレポートに貼り付けても問題ありません」とのことでした。

糊でふにゃふにゃになることだけが心配ですが、明日には仕上げて次のレポートに取りかかろうと思います。あ、仕事の邪魔が入らなければですが……


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。