カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手塚治虫の旧約聖書物語

10代からイスラエルには興味があっていろいろと本を読んでいたのですが、旧約聖書は読んだことがありませんでした。(ちなみに新約も)

オリエント考古学の履修要領に、漫画でも良いから旧約聖書を読んで内容を把握しておくようにというようなことが書いてあったので、AMAZONで探してみたらハマってしまいました、手塚おさムシさんに。

天地創造 愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語 (1) (愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語)天地創造 愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語 (1) (愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語)
(1994/04/20)
手塚プロダクション

商品詳細を見る


和訳のバイブルと比べるとかなりストーリー化されているのですが、流れを掴むには素敵な本だなあと勝手に感激し、A4版の愛蔵版全3巻をAMAZONで注文しました。全ページカラーの漫画に、大人のくせにわくわくしてしまいました。ちなみに、愛蔵版以外に文庫本もあります。

オリエント考古学の参考文献で使った本で、個人的に読んで面白かったのは長谷川修一氏の『聖書考古学』(中公新書)でした。まだ出版されて間がないようですが、2013年度のレポート課題では大変参考になりました。

聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)
(2013/02/22)
長谷川 修一

商品詳細を見る


20歳過ぎの頃にイスラエルに渡りたくて、情報を得るためにイスラエル大使館に電話したことがあります。そんなことを思い出させてくれる著者の経歴でした。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。