カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

西洋哲学史、はじめました

7月の科目試験は、もしかしたら土曜日に予定が入るかもしれないという懸念があり、昨年そのせいで試験自体を断念したという苦渋の経験を生かして、今回は日曜日に受けられるD・E・F群から優先して履修することにしました。

そこで、まずは西洋哲学史Ⅱに狙いを定め、参考文献を探すことに。

この科目のレポートは、指定された7つの古典的著作の内1つを選択し、その中で自分なりの問題提起をして論述するというものです。どれを選ぶかによって全然内容が変わってくる、つまり書きやすいか否かも変わってくると思われる課題です。

指定著作の中で、まず興味を覚えたのはハイデガーの『存在と時間』でした。内容的に「存在」にも「時間」にも普段から興味を覚えているので、面白く読めるのでは、と思ったのですが、どこかの講評で結構難しいようなことが書かれていて、うーん、そうか、じゃあ他も検討してみる?という気にさせられました。

次に調べてみたのはベルクソンの『物質と記憶』。これはどこかのサイトで内田樹もおすすめしていたので、もうこれだ!と思いました。内田樹は本を書くなど多彩に活躍する人物ですが、合気道の有段者でもある人です。合気道は神道や哲学にも通じる武道なので、内田氏もそのような面から『物質と記憶』の講評をされているのだと思いました。

が、その後ルソーの『人間不平等起源論』についても調べてみたところ、ルソーの考え方に同調して、何となく即時この本を買ってしまいました(笑) もともと人間は平等だったのに、自分の利益や財産を主張する人間の出現が不平等を推し進めたという考えは私にもありましたので、自然にこれは読めそうだと直感したがゆえでした。レポートは何よりも書きやすいのが一番だし。

まだ読んでいないので分かりませんが、これから読み進めてみようと思います。もしかしたらベルクソンに替えるかもしれませんが。

人間不平等起原論 (岩波文庫)人間不平等起原論 (岩波文庫)
(1972/01)
J.J. ルソー

商品詳細を見る


物質と記憶 (ちくま学芸文庫)物質と記憶 (ちくま学芸文庫)
(2007/02)
アンリ ベルクソン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。