カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

現代倫理学の諸問題

7月に受験したいと思い、今回「現代倫理学の諸問題」のレポートを提出しました。

前々から倫理学は履修したいと思っていたので、少しずつ関連文献などは合間を見て読んでいたのですが、基礎的な倫理学を履修する前に応用的なこちらの科目を履修することになったのは、単にレポ―トが書きやすそうだと思ったからでした。

が、いざ書こうとすると、繊細な倫理学的な問題だけにいろいろと躊躇することが多かったです。

課題は、テキストの中で書かれているある個所に関連して論じるなり反論するなりという指定でしたが、私は今日の危機とはどういうことかについて自分の考えを書きました。

時間がなくて睡眠不足でよく吟味できないまま、自分の言いたいことを書いてしまったので、「これでは極端に走っている」と言われそうな内容かもしれません。とりあえずは受付拒否にはならないと思うので、レポートが不合格で返ってくる前に、試験勉強かねていろいろと学ばねば、と思っているところです。

倫理学的に見ても見なくても、人間というのは本当に好戦的な生き物だと思います。戦争好きだし、集団的自衛権だって、戦うことを前提にしなければ必要のないものなのにと思います。攻められる可能性があるから自衛しなければならないなんて言い訳で、理性的な姿勢を本気で構築しようと出来ないなんて、人間の性として悲しいことだし恥じるべきことだと思います。

犬のまるちゃんでも譲り合いとか分け合いとか待つこととか日常的にできるのに~

eating a bone

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。