カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

怪我ばかりの私に容赦なく考古学レポートが戻ってきた

猫が大好きなうちの愛犬まるちゃん。ご近所の猫にフーッと威嚇され猫パンチをされながらもラブコールを送り続けたら、今ではこんなふうにすぐそばで一緒におやつを食べれるような仲になりました。

rea&mar

いつもまるちゃんと一緒にこの子にも自然素材おやつをあげている私ですが(猫の飼い主さんは了解済み)、今日は何でかわからないけれど思いっきり引っかかれて流血しております(T_T)

このところ生傷が絶えないワタクシ、只今、両手の小指を合気道により突き指中。治りかけるとまたどこかで軽く突いてなかなか治らない、の繰り返し(=_=) 

また、10日ほど前には、7月から始めた大東流合気柔術の稽古中に、技をかけて畳に倒した相棒の足で顎を思いっきり蹴り上げられるというアクシデントに見舞われ、衝撃で首の調子がすこぶる悪い状況が続いています。

ああ、運が悪い 

ところで、顎の青あざが癒えてきた頃に届いた一通の茶封筒、それは提出してからほんの20日足らずで戻ってきた考古学のレポートでした。

例の如く相棒に開封してもらうと「不合格」との無残な通知が。

時間足らずで書いたレポートだったものの、考古学は昨年の夏期スクーリングでも履修しており、ある程度は設問の意図は汲み取ったつもりではいたので、少し残念でした。

しかし、資料として挙げた図やレポートの構成は評価できるとのコメントを頂き、方向性が間違っているわけではないという点でほっとしました。短時間で仕上げた所以か、やはり記述の深みが足りないことが問題だったようです。「合格まで本当にあと一歩です」というお言葉が添えられていて、逆に専門の2類なので頑張らねばという気合を頂くことができました。

試験まで後1ヶ月切ったし、また頑張ろう!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。