カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

時間がないなりの私の勉強法

有難いことですが、慶應通信に入学して以来、私の仕事は年を追って忙しくなっています。

思えば、慶應通信に入学した当初は、海外旅行専門の添乗員をしながら、その合間に高校生の小論文添削の仕事をしていました。添乗は月1本(10日程度)で、それ以外の日に無理なく添削していたので、余裕がありました。

しかし、慶應通信2年目以降は自分で仕事を始めたので、そちらの方にかかりっきりになり、相棒に「勉強は?」と厳しい顔で言われても仕事を言い訳にする日々に。それでも今と比べればさほど忙しいと言うほどではなかったと振り返ります。

不思議なもので、仕事の量が増えてからの方が大学の勉強を頑張るようになりました。

同じ頃には合気道を始め、私がマネージャーをやっている相棒のバンドも多忙になったので、とにかく目まぐるしい毎日になったのですが、「それを言い訳に勉強しないなどということがあってはならない」と、以前の自分では考えらないようなストイックな意識がなぜか芽生えました。

仕事や家事などをしながら慶應通信を続けるのは大変ですが、やってやれないことはないし、やり切ったときの達成感は努力した人にしか味わえないもので、人生の大きな糧だと思います。

地道に毎日勉強をしている人は素晴らしいと思うし尊敬します。しかし、仕事でも文章を書いたり文献を読んだりすることが多い私には、不器用なので同時進行でメリハリ付けて勉強することができないという欠点があります。レポート期限や試験日までまだ日数があると、とにかく仕事ばかりに没頭してしまいます。

そこで、私は専ら、レポートの期限や試験日の2~3週間くらい前には勉強できる環境をつくれるように、仕事に折り合いをつける努力をするようになりました。勉強に没頭するときは仕事をあまりしないで済むようにするためです。それでも急な仕事やトラブルも少なくないため、大抵は予定よりも勉強する時間が取れなくなってしまいますが。

そうしていつのまにか身についたのが、ふとした隙間の時間にテキストや文献を読んだりレポートの構想を練ったりするという勉強法です。

具体的には、愛犬まるちゃんの散歩中に歩きながら本を読んだり、合気道へ行く車の中で参考になるDVDを観たりしています。そして勉強週間に入ると、とにかくどんな時もその科目のことばかりを考えます。散歩中や合気道の準備体操中にレポート構想を練ったり、うまく理解できない内容は夢の中で整理したりします。

そういえば、昨年7月の試験の前日は合気道の演武会でしたが、自分の出番以外の時間には会場でこっそりと日本史特殊のテキストを読んでいました。しかも、たまたまそのとき読んでいた箇所が試験に出題されてラッキー合格でした。

こういう勉強の仕方では完全にその科目を理解したとは言い難く、勉強が不十分だと自覚しています。しかし現状として仕事を投げ出さない限り十分に勉強する時間など取れないので、「卒業」という目標を達成するためにはラッキーも良しというのが私ルールです。神様が許してくれていると受け取ることにしています。その代わり、卒業論文にだけは100%以上の力を尽くすと心に決めています。

忙しい中でくじけそうになる通信生はきっとたくさんいるのだろうと思いますが、私がテキストにちょっと目を通しただけでラッキーにも試験に合格したという経験は1回だけではありませんでした。まったくもって恥の告白ですが、しかしそういう経験のお陰で、勉強する時間がなかったとしても必ず試験会場には行くべきだと思うようになりました。

そして、あの試験会場の空気、緊張感、他にも頑張っている通信生たちの姿を身をもって感じることが、その後のやる気を後押ししてくれました。最初は苦手だった試験会場なのに、今ではあの空気を感じたくてレポートを必死で書くようになりました。

齧る程度の勉強しかできなくても、そこから学んだことは決して0や10程度ではなく、意外にもその後いろいろなところに役立つ知識となっています。他の科目で学び直す機会を得ることも多くありました。

忙しい中でも隙間を見付けて学び続けるということ、今後も死ぬまで続けていきたい大事な人生の要素だと思うようになっています。

スポンサーサイト

PageTop

長い嵐が去って次のステージへ

長い間ブログを放置していましたが、やっと人並みの生活に戻れそうなので、自分の記録のためにもまたちょこちょこ書いていきたいと思います。

慶應通信に真剣に向き合い始めてからは、仕事も武道も頑張れるようになったのですが、その分、年々多忙さが増していきました。
忙しいだけでなく、昨年は合気道の稽古中に膝の靭帯を伸ばしてしまい、不便なギブスのままで日々をこなさねばならなかったし、その影響で体のバランスを悪くしたのか、ちょうど科目試験の直前にぎっくり腰になって試験を断念するということもありました。

つくづく昨年は特に大変だった。などと思っていたら、年末に相棒の父親が糖尿病の悪化の結果ガンも発症して、1か月半もの間、毎週新幹線で某地方都市へ通うことに…(ノ_<)

なんて思っていたら、さらに1か月後には九州の実父が末期ガンに罹って一時余命1ヶ月にヽ( ̄д ̄;)ノ
九州でもあたふたする母に替わって、介護保険の申請やら自宅療養のための改装やらに追われるうちに、気が付けば3月でした。(幸い、抗がん剤が合って存命しています)

そんな折、ちょうどこれまで委託でやってきた業務を私が引き継ぐ感じで事業独立をしたので、その契約変更やら新パートナーとの打ち合わせやらもごった返し。

その内5月の卒論指導日が近づいてきてあたふたw(゚o゚)w

自分でもどうしてこんなことになったのかわかりませんが、もう何か月もあんまりベッドで寝ていない状態でした(^-^; 

それでも、どちらの父親も今は容態が落ち着いていますし、独立した事業もどうにかスムーズに回りはじめ、この状況でも大東流合気柔術の初段にほんの1年ちょっとで合格できましたし、卒業に必要な単位もほぼ取得し、そしてそして卒論指導では卒論提出許可書にハンコを頂けました。長い長い嵐の真っ只中にいましたが、どれも取りこぼすことなくどうにか嵐をやり過ごせたので、とても完ぺきとは言えないまでもこれでも良しとしなければなりません。

卒論はまだまだこれから本格的に書かなければなりませんが、ようやくここにきて落ち着いて仕事と卒論に取り組む時間を持てるようになりました。

ここからが私の2016年中盤戦。夏までに完成させなければならない出版の仕事が1つあり、10月までには卒論も書き上げなければならないので、私にとっては6月から10月までが次のステージという感じです。通信で勉強を続けているような人は誰でもいろいろと大変な状況で頑張って自分の道を歩んでいると思うので、私も試練に負けずに10月まで邁進したいと思います。

PageTop

波乱の夏

7月初旬から間が空いてしまいましたが、この間に例年通り夏期スクーリングも受けました。

今年は7月半ばに合気道の稽古中に自分の不注意による膝靭帯損傷という怪我を負い、ギプスは免れたものの半月間ほど右足全体を固定して膝が動かないようにして過ごしました。

多分、普段から運動しているから楽な方だったとは思うのですが、長く座っていることも辛く、本当は安静にして過ごさねばならなかったようですが、仕事は休めないので、体が動けないことに悔しい思いをしながら、しかも暑い時期なので汗だくになりながら、どうにか最低限の仕事をこなす日々が続きました。

しかし、パソコンに向かわないとできない仕事は溜まる一方で、夏スク1期に入る少し前に膝の固定を取っても良いという許可が下りた後から2期が終わった後までは、一度もベッドで寝れなかったほどに仕事と大学に追われました。

でも、これもまあ、良い思い出です^^

その後も体調を壊すことはなく、溜まった仕事もある程度こなすことができました。本当にほっとしました~

夏スクは日吉の1期に倫理学、2期に文化人類学を受講させて頂きました。

そして、夏スクが終わってしばらくすると7月の試験の結果が送られてきました。7月は日本史特殊Ⅰ(日本法制史)と西洋史概説Ⅱの2科目を受けたのですが、どちらも勉強不足の割に幸運に合格はしたものの、素直に喜べない事情が。これはまた後日書きたいと思います。

そんな調子の私ですが、靭帯の怪我からの回復は早い方だったようで、すでに合気道も大東流合気柔術もやっております^^
↓ これは復帰直後に参加した合気道演武会の画像を加工したものです。

aiki201508


PageTop

慶應の通信生であるという側面

毎日が目まぐるしくて、科目試験を受けに行ったのがはるか昔のことのように感じますが、日付を見るとまだ10日も経っていないということに今気が付きました。

7月の科目試験は、3年前から開催されるようになった合気道の演武会と重なることが多く、実際今年も7月4日の土曜日は演武会でしたので、レポートは日曜日に受けられるD,E,F群からのみ選定しました。土曜日受けられない分、無理してでも3科目受けてやる~という意地で、どうにかぎりぎりレポートを提出したという話は、以前の記事に書いた通りです。

その内、「日本史特殊Ⅰ-日本法制史」のレポートがようやく先日ご帰還。急いで書いたので見直す暇もなく、合否が不安でしたが、開封すると無事「合格」の文字が。講評には「充実したレポート」とお褒めの言葉まで。短い設問の行間から、何を書かせたいのか、その意図をきちんと汲み取れているだろうかと心配していたので、方向性が間違っていなかったのだと素直に嬉しいです。

しかし、試験は最後まで書ききれずに尻切れトンボな記述になってしまったので、おまけでもCかなと思っています。だったらDで再試験になることを祈念中。

ところで、3年前の7月は合気道演武会が開催されるなど予測していなかったので、土曜日の試験をキャンセルして演武会に参加しました。自由参加なので演武会に出ないという選択肢もあったのですが、慶應の通信生であると同時に武道家の端くれでもあるので、1年に一度しかない演武会も無碍になどできませんでした。

同じ通信生の方に「私だったら試験を優先する」とも言われましたが、どちらかを取るという考えで演武会に参加したわけでもありません。あえて言えば「どちらも取る」です。試験は10月に持ち越すことができるわけなので。

私の今の生活の中で何よりも慶應の通信生であることに重きを置いて、それ以外のものを犠牲にするとか、勉強を最優先するとかいう考えは一切ありません。もちろん、試験前やレポート提出期限前などは生活の中で勉強を最優先しますが、翌日がレポート提出期限でまだ全然書けていなくても道場へ稽古しに行きます。

道着に着替え、袴をピシッと締めると、武道家の端くれとは言え、何事にも精神的に負けないという気力がみなぎります。そして、準備体操をしながら、この後のレポートの展開はどうしようか、段取りよく作業を進めるには帰宅後どうすると良いだろうかと思考を巡らせてもいます。頭だけ使う勉強の息抜きに、体中を使う2時間弱の稽古はとても有効的で、帰宅後の勉強は意外なほど捗り、稽古に行ったからレポートが間に合わなくなったなどということは一度もありません。

私にとっては勉強と武道と同様に、仕事も相棒も犬のまるちゃんも相棒の音楽業もすべて最優先です。どれも同じくらい大切で、どれを欠いても自分の幸せが色あせる。いろいろな側面を持ちつつ、且つ相互が息抜きになるのであれば、すべてに全力を注いでも息切れしないで続けていくことが可能になるように思います。

という覚悟で、今月からは同時進行で卒論に真剣に取り組みます~!

PageTop

一生でもっともハード?な日々でした

1027mita

いい年して、徹夜で仕事とかしていました。しかも、夜スクから帰宅後の22時半くらいからひたすらパソコンに向かい、仮眠を挟みつつもほぼ徹夜。お陰で今、少し仕事が落ち着いたところです。

仕事が圧しているから、今週月曜の民族学の夜スクは休んだ方がいいかしら(その日が仕事の締め切りでしたし)と、ちらっと考えなくもなかったのですが、いやいやいや、あの講義は一日でも聞き逃すことはあり得ない、とすぐに心の声が返ってきました。

結果的に、夜スク後、徹夜になったけれども、仕事も終わったし、すがすがしい気持ちです。やっぱり、何かを犠牲にするなんていう考えはダメだと思いました。やろうと思えば全部できる。

他にも仕事が圧しているので、また明日から頑張ります。もちろん、レポートも頑張ります~^^

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。