カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

合気道一級を取りました

昨日は合気道一級の審査でした。

↓ 夫の関節を極める鬼嫁(笑)
00996_Capture_6s_201403291525100fd.jpg

試験開始前に、「もう次は黒帯なので、一級の試験とは言え初段の試験内容から抜粋してやります」と宣言され、内心「なにー!」と絶叫しながら、表情は平静を装って「はい」と小さく返事をしました。

合気道の技には、正面から手刀で打たれた場合、片手を両手でがっちり取られた場合、腹を突いてこられた場合などなどいくつか種類があって、さらに正面から打たれた場合の○○という技(正面打ち○○)、というように技が枝分かれしています。これらの技をすべて体で覚えるまでの期間が白帯時代です。

大人は五級から始まり、白帯最後の一級までの試験で出だされる技の範囲は本部道場によって定められています。(毎回それ以上の技も少しずつ出されますが)例えば、一級の試験の範囲に「後ろ取り(相手に後ろから両手を掴まれた状態でさばく技)」の一教とか二教とかいう基本技は含まれているけれど、後ろ取りの入り身投げや小手返しなど諸々は入っていないとかいう感じです。

しかし、初段以上の黒帯の審査ではすべての技が試験範囲になります。いきなりそれをやれと言われて驚きましたが、実は二級の時も一級の試験範囲からもやらされたので、多少は予測していました。しかし、想像をはるかに超える内容でした。

ということで、本部道場の師範が審査する普段の初段よりもドキドキの試験が実施され、とても良い刺激になりました。いろいろな種類の技をランダムに指定されるため(初段の試験では通常ランダムな出題はないんです)、引き出しの奥にしまってある技がスムーズに出てこずにまごついたことが2回ほど……。ぐちゃぐちゃな技もありましたが、まあどうにかすべての技をやり切りました。

それにしても、私がこれまで知っている一級の試験の中でもダントツ難しかったです。そのお陰で初段を受けるまでの自分の課題は、武道としての体さばきをもっと磨くこと、技にもっときちんと気を入れることだと気が付きました。開眼させてくれた先生の愛のムチに大感謝の審査でした。

00996s.jpg

稽古には週2~4回通っているので、私は最短(半年ごとに昇級)でここまできましたが、その都度その都度見える風景が違います。黒帯になると国際的な資格を得たことになりますが、そこに行きつく少し手前の風景は、これまで輪郭が見えなかった自分の課題が目の前にはっきりと立ちふさがっているというものでした。

慶應通信も合気道も、ただ勉強とか合気道と向き合っているのではなくて、自分自身の生き方と向かい合っていることだと常に感じています。こういうことが10代からわかっていたらカッコ良くて素晴らしい大人になれただろうに~と思いますが、今だからこそ感じられることなのでしょうし、それが人生なのかなと思います。

スポンサーサイト

PageTop

結局、好きだから仕方ない

1月は科目試験に備え、その後は溜まった仕事をこなし、3月の初めのレポートをぎりぎりで仕上げたら、3月17日にこれまた期限ぎりぎりで確定申告書類を提出。いつもハアハアと息切れしている感じです(=_=)

まだ大きな仕事が残っているのですが、季節の変わり目だからかここ1週間以上体調がおかしくて、熱はないのに喉が腫れて食欲不振、節々が痛いという状態が続いています。年齢を重ねるごとに、季節の変化に対して体が馴染むのに時間がかかるようになっているような。相棒はピンピンしているのに… 向こうの方が年上なのに…ブツブツ…

そうこうしている間に科目試験が近づいているので気を引き締めなければ。でも、その前に合気道の一級の試験を控えています。

忙しくても体調が悪くても、合気道に行くと元気になるから不思議なんです。過去にも風邪やぎっくり腰などをおして稽古に行ったのに快復したり、科目試験やレポート締め切りの直前に煮詰まりながら稽古に行ったら頭がすっきりしたり。

私にとって合気道は、禊祓(みそぎはらえ)のような大事なものになっています。

先生には年始に「今年中に初段」と言って頂いているし、すでに初段のための稽古を昨年から自主練しているので、一級は通過点であり、この後半年間で70回以上の稽古をこなさねばならず、まだまだのんびりとした週末を過ごすことはできそうにありません。

00671_Capture_2ss.jpg

ちなみに、相棒も一緒に合気道に通っていて、週末は隔週くらいで音楽活動をしているので、「夫婦揃って今週の土日は家でのんびりできたね~」なんてことは、もうここ2年以上ありません。本当は二人とも出不精なのに…(^^;

PageTop

手塚治虫の旧約聖書物語

10代からイスラエルには興味があっていろいろと本を読んでいたのですが、旧約聖書は読んだことがありませんでした。(ちなみに新約も)

オリエント考古学の履修要領に、漫画でも良いから旧約聖書を読んで内容を把握しておくようにというようなことが書いてあったので、AMAZONで探してみたらハマってしまいました、手塚おさムシさんに。

天地創造 愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語 (1) (愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語)天地創造 愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語 (1) (愛蔵版 手塚治虫の旧約聖書物語)
(1994/04/20)
手塚プロダクション

商品詳細を見る


和訳のバイブルと比べるとかなりストーリー化されているのですが、流れを掴むには素敵な本だなあと勝手に感激し、A4版の愛蔵版全3巻をAMAZONで注文しました。全ページカラーの漫画に、大人のくせにわくわくしてしまいました。ちなみに、愛蔵版以外に文庫本もあります。

オリエント考古学の参考文献で使った本で、個人的に読んで面白かったのは長谷川修一氏の『聖書考古学』(中公新書)でした。まだ出版されて間がないようですが、2013年度のレポート課題では大変参考になりました。

聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)
(2013/02/22)
長谷川 修一

商品詳細を見る


20歳過ぎの頃にイスラエルに渡りたくて、情報を得るためにイスラエル大使館に電話したことがあります。そんなことを思い出させてくれる著者の経歴でした。

PageTop

自分次第で何も犠牲にする必要はない

私、忙しいと何かを犠牲にしなければならないと無意識に考えがちでした。

慶應に入学した当時、フリーランスの仕事にいろいろと展開があったので、大学の勉強がはかどらないのも仕方がない、勉強をしている時間はなかなか作れないと思っていました。言い訳とも言いますが。

確かに今、仕事は極力抑えて新規の案件を抱えないようにと気は遣っていますが、しかし大学の勉強を諦めないと決心してからは、意外と仕事も勉強も合気道もどれも両立できています。

だから、レポートの期限が迫っているからと言って合気道を休んだり仕事をさぼったりは絶対にしていません。というよりも、「何かをさぼる」ということ自体が私の人生から撤退した模様。切羽詰れば睡眠時間を削りまくるなど、どうとでもして時間を作るようになりました。代わりに家事はさぼりますけど(笑)

そんなわけで、今回はレポート締切前1週間を切ってから始めた勉強でしたが、その合間に合気道にも2回行きました。物理的にレポートに取り組む時間がまだあると計算できる限り、無理してでも合気道に行きます。

先週金曜日もいつもの稽古に行き、土曜日は神奈川県立合気道連盟主催の道主講習会にも参加してきました。

P1220050aiki_20140304204518b0f.jpg

話が逸れますが、うちの相棒、髪を束ねています。合気道をやっている外人さんにも髪が長い人がちょこちょこ居るのですが、相棒が開会式に座っていたら、左隣に居た外人さんが髪を束ねていて、ちらっと目が合った瞬間に互いに「よぅ、兄弟!」という感じで微笑み合ったそうです(爆笑) 

合気道開祖の植芝盛平翁の孫である現在の道主が指導してくれる講習会は2時間みっちりで、真冬なのに汗びっしょりのクタクタになりました。

P1220053aiki.jpg

ただでさえ午前中は早起きしてレポートを書いていて、日々の睡眠不足も溜まっていたので、終わった途端に睡魔に襲われました。しかし、すがすがしくて本当に楽しかった~ どうしてこんなに合気道が好きなのだろうかというほど、合気道が大好きです。

終わった後は相棒も汗で道着までぐっしょり。これが帰り道に結構重たいのです。

P1220063aiki.jpg

さすがに日曜の稽古は物理的に無理だと判断して休みましたが、通常はこのようにできるだけすべてのことを諦めずに勉強も諦めない!をモットーに頑張れるようになりました。

昔へなちょこだった私は、だいぶ慶應通信で根性を養われたような気がします。こういう意味でも慶應通信は素晴らしいです。

PageTop

レポート作成マシン週間

西洋史特殊Ⅲの再々レポートの勉強にハマりすぎて(ほとんど片思いです)、その上レポート提出期限の1週間前に長野へ旅行へ行くなどして(これは前々から予定していたのでキャンセルするわけにもいかず)、気が付くとまだレポートの勉強も始めていないのに提出期限1週間前になっていました(゜゜

今回は科学哲学とオリエント考古学、あわよくば東洋史概説と考えていたのですが、1科目でも大丈夫かどうか心配な状況に(T_T) 

科学哲学は「進化はどのような要因によっておこると説明されているか要約しなさい」という課題を選択したのですが、毎日毎日「今日も終わらなかった」という感じで昨日まで持越し、夜の21時頃にどうにか仕上がりました。

そして、今朝からオリエント考古学に取り組み、午後一番でレポート終了。またまた最短記録を更新してしまった模様…

さすがに見直す暇もないので、どちらも自信があるとは言えませんが、2科目提出できてホッとしました。


SN3T0415s.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。