カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卒論指導申込みの時期だ

私的にはすごく無理してテキスト履修をしてきた2014年度。というのも、自分の状況を考えると、普通のテキストと卒論を並行してやっていくのは至難の業だと途中で悟ったからでした。

1年前には、昨年の秋に無理してでも卒論指導を申し込もうと考えていましたが、仕事がどんどん忙しくなってきたこともあり、無理せずにまずはテキスト履修を重視することにしました。

まだ再試験や再レポートがあるにしても、目標通り100単位分のレポートは書いたので、今回卒業論文の指導へ進めるという気持ちになりました。

卒論まで進めるとは、本気では思っていなかったので、ここまで来れてまずホッとしています。今週末までには余裕の笑みで卒論指導申込みを提出したいと思います。↓こんな感じで(笑)

まるちゃん20150209

スポンサーサイト

PageTop

夜スク・民族学の成績届く

今朝のまるちゃん、ぽかぽか日差しが気持ち良すぎて犬であることを忘れてしまったよう(笑)

まるちゃん20150202

つい先ほど、ポストを確認すると慶應からの白い封筒が。タイミングから見て夜間スクーリングの結果に違いありません。

私が受けた夜スクは民族学のみで、試験の出来栄えは「満点は逃した」という手応えでした。試験の内容は全て穴埋めで、自分で書いたノートのみ持ち込み可という、講義にさえ出ていればとても単位は取りやすそうなものでしたが、実際のところは先生が白板に書かれることよりも口頭で説明されることの方が何倍も大切、そんな講義でした。

私にとってY先生の講義は、本当に面白く且つ情熱的で一言も聞き逃したくない、そんな素晴らしいスクーリングの日々でした。熱が出た日も、仕事やレポートを上げて睡眠がちょっとしか取れていない日も、とにかくどんな日もサボらずに通いました。お陰でこの3か月間はかなりやつれましたし(笑)

と、結果をちょっと引っ張りましたが、Aで合格していました。深く考えすぎて間違ったと思われる部分もありましたが、結果オーライでしょうか。

問題用紙はびっしりと文字で埋まった一枚の用紙で、途中途中の穴埋めをするというものでした。試験後にY先生は「この問題用紙が最後の配布物となるように作りました」と言われました。単位を取るだけが目的ではない、なじみにくい民族学というものに、少しでも理解を深めてほしいという願いが込められているように感じ、感謝の思いが溢れました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。