カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天敵・西洋史特殊3レポがご帰還

4月末に風邪をひき、その後食欲が戻らなくてちょっと痩せましたが、まだ5年前と比べるとちょっと体が重いかなという程度の健康を保っている私、自分だけでなくてパソコンも調子が悪くてこのところなだめながら仕事をしている状況です。もうこのパソコンも5年近く酷使しているので、いつダメになっても良いようにと対処に追われています。

そんなわけでレポートも進まず、しかも今回は焦る気持ちよりぼんやりムードの方が強いので本当にマズイ。

と思っていたら、3月初めに投函した西洋史特殊Ⅲの再々レポートが2か月以上経過してようやく返却されてきました。

これは、2012年度の課題で2013年3月締め切りに提出したために、今年の3月末で課題の有効期限が切れるといういわくつきレポートでした。そのうえ、きちんと勉強しなければ合格できないような内容でもあったので、面倒になって再提出の時にはぎりぎりになって焦って不十分にしか直さなかったため、再々提出ということになったというおまけのいわくまで付いています。

私はいつもだいたい50%程度の力でレポートを仕上げているのですが(そうしないと全然仕上がらないので、ある程度割り切るようにしています)、西洋史特殊Ⅲレポに関しては100%を出さねばAでの合格は無理かもしれないと今回の結果を見て思いました。

そんなこんなで、85~90%くらいの力で書いた再々レポ、Bという評価で戻ってきました。

Bの理由は、もう少し詳しく論じさせたい箇所があったからだそうですが、「内容は格段に向上しており、充分に合格です」というコメントを頂き、素直に嬉しいです。苦しんだ科目で先生からの温かい合格のコメントを頂くと、苦しかった思い出も快いものに変わっていくようです。

西洋史特殊Ⅲはレポートが少し難解で賛否両論あるようですが、私としては良い学びができて、細かく指導のコメントを入れてくれた先生にとても感謝しています。イングランド史などどうでも良いと言えばそうかもしれませんが、しかしせっかく生きているのだから、どんなことでも知識が多い方が人生が豊かになるのは間違いないですしね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

難関レポートの良い評価での合格おめでとうございます!
大変だった科目ほど印象的ですよね。
「大学でのレポートの書き方をまなべ」とか「参考文献の記述自体が間違っている可能性がある」などいろいろあり四苦八苦、涙したこともありました。私は適当レポートでしたので、先生が「最低限クリアしているし、もうこれ読みたくない」という判断での「まあいいか合格」が多かったです。

Eスク提出しました。ぎりぎり提出は、生徒のこと怒れないですね。まさに反面教師にしてほしいです。

si | URL | 2014/05/15 (Thu) 12:03 [編集]


siさん♪

Eスクのレポートお疲れ様でした!
まだ一度もEスクを受講したことがないのですが、もしも履修したらいつもと違う時期にレポート提出があるという(しかも通常レポート期限の10日前という)ことにうまく対応できなそうです(>_<) 
ぎりぎり提出は私などいっつものことなので、その上内容がひどかったら「こいつとりあえず出しやがったな」と先生に思われちゃうのだろうな(^^;
siさんの言葉に、これからは少しでも早めに提出しようという気持ちになりました。が、やっぱりぎりぎりになるのだろうな…

楼蘭 | URL | 2014/05/15 (Thu) 15:04 [編集]


おおっ!

楼蘭さん、大本命レポ合格、おめでとうございます!

私も近頃ボンヤリしておりましたが、楼蘭さんの難関レポ突破報告に触れ、目が覚める思いです。
西洋史特殊Ⅲはイングランド史なのですね。英語史の本で少しだけ英国史にも触れたことがありますが、日本と同じ島国なのに、ずいぶん波乱万丈だなぁと思った記憶があります。

禁止されていた聖書の英訳に命懸けで臨んだオックスフォードのウィクリフとティンダルにはいたく感動したものですが・・・
うーむ、西洋史特殊Ⅲに興味が湧いてまいりましたヨ。もう、アチコチ興味の湧かし過ぎで大変です(苦笑)。

ちなみに私、いつか幽霊になったら、大英博物館に住もうと思っています。

cimico | URL | 2014/05/15 (Thu) 16:28 [編集]


西洋史特殊Ⅲのレポ合格おめでとうございます。
苦労されているだけに合格は大変意義があると思います。

わたしも、似たような時期に提出いたしましたがまだ未返却です。おそらく不合格で帰って来そうです。
新しい課題でがんばらなければなりません。

ABC | URL | 2014/05/15 (Thu) 21:10 [編集]


西洋史特殊3のレポ、お疲れ様でした!
あのレポートがなければ、一生クラレンドン法だとか知ることもなかったので、
身に入るレポートですよね。

akiko | URL | 2014/05/16 (Fri) 18:12 [編集]


おお、なんだか難しそうな科目のレポ、
合格おめでとうございます!良かったですね。

慶應通信の面白いところは、
やはり、こんなのレポで挑戦しない限り、
まず読むことはないだろう、
というようなアカデミックな書物に挑戦したり
試験のために学んで記憶したりする
機会が強制的に与えられることで、
やはりこれは、世俗的なことは一線を画す
学びの城ならではのことなんだな~と、
卒業して、そういう機会がほとんどなくなった
私はそう思います。

kappa | URL | 2014/05/16 (Fri) 21:50 [編集]


楼蘭さん、西洋史概説III レポ合格おめでとうございます♪
実は私も今日 西洋史概説IIの再レポが戻ってきたのですが、コメントの出だしが全く同じだったので(^^; もしかして同じ先生が採点なさっているのかな〜なんて想像の翼を広げていました。

再レポは一発合格のレポよりも格段に得るものが多いですよね。それだけに達成感もあって、喜びもひとしおですよね。しばしこの喜びに浸りましょうねー(笑)

Uika | URL | 2014/05/17 (Sat) 23:07 [編集]


cimicoさん

cimicoさん、ありがとうございます!
私にとっては難関だったのですが、イングランド史にもともと興味がある人にとっては「常識的問題」と思われるような課題だったと思います。
丁寧にテキストや参考文献を読み込めば、決して合格をもらえないわけではないのでしょうが、通信生には1科目にそれほどの時間をかけられないというジレンマがありますよね(^^;

あ、ちなみに西洋史特殊Ⅲは中世イングランド史です。私は近世になるとかなり興味が薄れてしまうのでこれを選択しました。
もしこの科目を取られるのでしたら、範囲が重なる西洋史概説とかも一緒に履修された方がお得だと思いますよ~

> ちなみに私、いつか幽霊になったら、大英博物館に住もうと思っています。

一人、大爆笑しました!!
以前、一度だけ行きましたが、お庭がきれいだったような覚えが。(別のところと間違ってるかもですが)
私は幽霊になって住むならトルコのエフェソスという遺跡が希望です♪

楼蘭 | URL | 2014/05/20 (Tue) 12:26 [編集]


ABCさん

ABCさん、卒論指導、お疲れ様でした!
三田へ行かれるのは、神様の嬉しい配慮で、晴れて卒業式のときになるのかもしれませんね~ 

ABCさんはまだ西洋史特殊Ⅲのレポートが返ってきていないのですね。
私も今回はいつもよりもだいぶ遅い返却でしたが、それ以上に遅いですよね。
でも朗報が来そうな気がします!
しかし、ここまで書き直したレポートは初めてだったので、むしろ別の課題でも書いてみたくなったりします(笑)

楼蘭 | URL | 2014/05/20 (Tue) 12:35 [編集]


akikoさん

akikoさんは歴史が得意だと思うので、西洋史特殊Ⅲも私みたいに悩まないで書かれたのだろうなー 
クラレンドン法はじめいろいろな法が出てくれば出てくるほどテキスト読むのが嫌になる課題でした(笑)
でも、最終的にはまじめに取り組めてよかったと思っています。

楼蘭 | URL | 2014/05/20 (Tue) 12:37 [編集]


kappaさん

kappaさん、ありがとうございます!
今回の再レポはだいぶしつこく真面目に書いたので、これで不合格だったらもう一生イギリスに行くのはよそうと思っておりました。

kappaさんの仰る通り、慶應通信に入学しなければ一生学ぶことはなかった分野や読むことのなかった書物との出会いがそこにはあり、時間との戦いで苦しいことの方が多いにも拘らず充実感が本当に大きいです。
卒業されたkappaさんであればなおのこと、その達成感たるや普通の人が味わえないものであるはずだと思います。
「学びの城」という表現がぴったりですねー!

楼蘭 | URL | 2014/05/20 (Tue) 12:42 [編集]


Uikaさん

Uikaさん、ありがとうございます。
そしてUikaさんも西洋史概説Ⅱのレポ合格おめでとうございます♪
コメントが同じだったということは、同じ先生かもしれませんねー(^^ 
西洋史概説Ⅱは私は苦手な時代だと思って履修しなかった科目だと思います。

再レポは1回で合格したときと比べて倍の時間を費やして学べるので、逆に言うと有り難いことでもありますよね。
丁寧に読んで評価してくださった先生にも感謝です~

楼蘭 | URL | 2014/05/20 (Tue) 12:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。