カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏スク・西洋史概説の洗礼

前回の記事で堂々と「夏のスクーリングは、英語はさておき、それ以外の科目は出席して居眠りせずに集中して聴いていれば概して合格すると思っています」などと豪語していた私。西洋史概説を受講してみて、いやいや、そうじゃない科目もやっぱりあるのだと思い知らされました。夏スク6年目、まだまだ見解が甘い(^ ^; 

これまでテキストで西洋史関連の勉強を何度かしてきたのですが、テキストで取りたいものはすべて終わったので、今回はまとめとして学ぼうと気軽な気持ちで臨みました。が、資料を見ただけでは理解し難いし、その資料とパワーポイントの内容が合致しないこともあるし、ぽんぽん飛ばされるし、時にはマイクが切れているのを気付かずにずっと講義が進んでいくし、字が小さくて後ろの方だと何を書いているのか読めないし……。

先生はとても細かいことまで豊富な知識を持っておられるので、ポイントさえわかれば講義の内容が面白く感じられたのですが、例えば知識の乏しいローマ帝国時代の話などは何がポイントなのかよく掴めず、優しい口調の先生の声がだんだんと子守唄に聞こえてくる始末。

これはまずいと思い、何か良い参考文献を図書館で借りようと思ったのですが、この時点で図書利用券を紛失していることが判明(2011年以前の入学者は利用券が必要)。事務局で手数料の1000円を支払い、発行手続きをしたは良いけれど、受け取りは翌日(=_=)

その翌日・日曜日は、何と急遽外せない仕事が入ってしまい、あろうことかスクーリングを休むことになってしまいました。台風の影響が一番激しかったあの日です(T_T) 出欠を取られない先生だったのでその点は不幸中の幸いでしたが。

そういうわけで、試験の朝、早めに行って図書館で自習して、どうにか試験に対応しました。西洋史はこれまで何度も勉強しているので、忘れているそれらの知識を復習することでどうにかなったかな~という感じです。本当に試験まで不安でした。

役立ってくれた参考文献は下記です。これらは西洋中世史関連ですが、シリーズになっていて写真も多くて、歴史全般を楽しんで学べそうです。


世界の歴史―ビジュアル版〈7〉ヨーロッパの出現世界の歴史―ビジュアル版〈7〉ヨーロッパの出現
(1985/04)
樺山 紘一

商品詳細を見る


図説 世界の歴史〈5〉東アジアと中世ヨーロッパ図説 世界の歴史〈5〉東アジアと中世ヨーロッパ
(2003/05)
J.M. ロバーツ

商品詳細を見る

↓このシリーズの「西ヨーロッパ」

東ヨーロッパ (地域からの世界史)東ヨーロッパ (地域からの世界史)
(1993/04)
森安 達也、南塚 信吾 他

商品詳細を見る


試験の時に出席簿が回ってきて驚いたのは、西洋史概説の受講者はついここ数年に入学された人たちが多かったということです。たまたま私の列がそうだったのかはわかりませんが、概説だからわかりやすそうだというイメージからなのかもしれません。スクーリングで概説を学んで、その後にテキストで自学した方が勉強しやすいと私もずっと思っていましたし。

でも、K先生の西洋史概説は先に勉強しておかないと難解です。それは間違いない。断言します。

さて、明日からは東洋史概説でイスラームについての講義を受けます。西洋史の失敗に学び、先に参考文献を借りてきました。図説なのでとっても楽しいです。


図説世界の歴史 (4)図説世界の歴史 (4)
(2003/04)
J.M.ロバーツ

商品詳細を見る


慶應の図書館で初めて本を借りました。少し大人になったような気がします(笑)

日吉図書館

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

楼蘭さん、こんにちは!

西洋史概説、本当に大変だったのですねぇ。
また概説Ⅱの入り口で足踏みしている私には到底太刀打ちできない講義だったろうなぁと思います。
午前中開設の科目だったら、受講していたであろう科目でした。アブナイアブナイw

東洋史概説のイスラームには私も興味津々です。テキストの東洋史特殊でこの分野を学ぼうと考えているのですが、やっぱり講義で聞いてみたいことろ。

履修後の感想、楽しみにしておりますっ!

cimico | URL | 2014/08/12 (Tue) 12:29 [編集]


cimicoさん

cimicoさん、おはようございます。

概説と言いながら、すでに概説を知っている人向けの先生の見解を交えた講義という感じだったでしょうか。
西洋中世の通史を網羅して学びたいと思うと、その期待は裏切られますe-330
それだけ先生の知識が奥深いのでしょうね~ 私は途中から日本語に聞こえなくなって眠気と戦う日々でした。

cimicoさん、概説Ⅰをすでに勉強されているのなら大丈夫だと思います。講義前に一度復習しておけば楽しめるかもしれません。(保証はしませんが)

今日から新たな講義ですね^^
来年のcimicoさんの履修候補に入るか、しっかり聴講して感想をお伝えしますね。

楼蘭 | URL | 2014/08/13 (Wed) 08:02 [編集]


夏スクお疲れ様でした。今年はひようらでもゆっくりお話ができて楽しかったです♪

K先生の西洋史概説、私はEスクで受講しました。私も受講中「かなり高尚な内容だわ〜」と焦りながら聴いていました。 史実の確認に重きが置かれているのではなく、つかみ所のない哲学的な講義という印象で、なかなか全容が掴めなくて(^^;  

ただ「知識の再現を目的としているのではなく、講義内容をベースに自分で考えてね」っていう講義だったんだろうな〜と今になって思います。

明日から6日間居眠りしないように、また頑張ってきます〜♪


Uika | URL | 2014/08/19 (Tue) 21:39 [編集]


Uikaさん

ちょっと前になりますが、夏スクお疲れ様でした♪
お返事が遅くなってすみませんでしたm(__)m
今年はUikaさんとゆっくりとお話させて頂く機会があって嬉しかったです。
あの日は本当に楽しかったです^^

K先生はとてもマイペースで自分を持っておられて、とても思い出に残る先生でもありました。講義としてはちょっと疲れましたが(笑)
Eスクだったら聴きなおせるだけ身になって良かったかな~

まもなく夜スクが始まりますね。
またお会いできるかな~
楽しみにしています(*^_^*)

楼蘭 | URL | 2014/09/03 (Wed) 22:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。