カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最後のレポートが一番マズかった

実父と義父の両方が病気なので、早めの夏休みで実家へ帰ってきました。

marchan_kyushu1.jpg

まるちゃんにはいつも新幹線に乗ってもらって、実家巡りに付き合ってもらいます。
うちの田舎は限界集落と呼ばれるほどのど田舎。
まるちゃんは普段、田んぼなど見たことがないのですが、畦道などが楽しくて仕方がなさそうでした。

maruchan_kyushu2.jpg

4月の科目試験は3科目を受験し、それがすべて合格すれば卒論以外の単位は揃うのですが、まだ戻ってきていない近代ドイツ小説のレポートはこれまででもっともマズい出来だったので、きっとそうは問屋が卸さないのだろうなーとは予想していました。

予想はしていたけれど、でも「不合格」の文字ってやはり見たくはないものです。しかも最後のレポートなのに(笑)

試験を受けるために、途中までしか勉強できておらず、内容も途中までしか書く時間がなかったのに、無理矢理提出したレポートでした。父親二人の病気が発覚して、1週間に1回、実家へ帰っていた時期だったとは言え、そんな言い訳など関係ありません。

添削していただいた先生にはあまりに出来が悪くてうんざりしただろう、申し訳なかったと、「不合格」の文字を見ながらしみじみ反省しました。

それほどひどい内容だったからか、返却まで3か月半も待ちました。それなのに、これまで見たことがないほど、丁寧に詳細に添削されていました。

また、これまで見たことがないほど、漢字の変換ミスがいくつもありました(苦笑) 
一応、私、ライターとか編集者とかを仕事でやっているというのに、ああ、本当に先生に申し訳ない、情けない。

卒論にドイツは少なからず関係があるので、もう一度勉強できることを有難く思います。万が一合格していたら、もう二度と勉強しないだろうと、私のずぼらな性格だと断言できますので。

卒論は一旦置いておいて、近代ドイツ小説のレポートを、今度こそ100%の力で書きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。