カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

史学概論のレポはDが多いらしい?

決して自分のレポートがDで返却されたからそう思うわけではないのです(^ ^;

史学概論のレポートを提出した後にたまたまどなたかのブログを拝見したり、某慶友会の掲示板で嘆いている人を見かけたりして、E.H.カーの『歴史とは何か』のポイントを押さえたレポート内容になっていない限りC以上はもらえないらしいと気付きました。

歴史とは何か (岩波新書)歴史とは何か (岩波新書)
(1962/03/20)
E.H. カー

商品詳細を見る


端折り読みで大事だと思われる部分だけに目を通して書いたダメレポートだったので、案の定、内容では初めてのD返却を受けました。(最初の頃に参考文献の引用の仕方が不適切ということでDだったことはありましたが)

先生からのコメントは「なぜ歴史は主観の媒介なしにありえないのか、その理由を具体的に説明してください。この点についてカーの論証を良く参照する必要があります」。他の方も同じような理由でDだったとどこかで書かれていました。

返却されたのは昨年の10月なので、今月中には再提出しようと思っています。試験は合格しているのでレポートも合格してさっさと2単位もらわねば……と思っている内に忙殺されて間もなく再提出期限がきてしまいます。

E.H.カー、読んで究めてみよう!
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)