カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペルシア女性の異文化ロマンス

東洋史特殊の勉強をしていて思い出したことがあります。それは以前、イランに仕事で出かけた時に出会ったイラン人女性から聞いた、素敵なロマンスのお話。

テヘランへの往路、私が成田空港より飛行機で隣り合わせになったのは、淡い花柄のチャドルを頭にかぶった、魅力的なイラン人女性でした。

「こんにちは」

彼女は流暢な日本語で、にっこりと話しかけてきました。

「こんにちは。日本に住んでいるのですか?」

「そう。あちらに座っているのが私の子どもたち。旦那さんは日本人だけど置いてきちゃった。仕事だから。」

このイラン人女性とテヘランに着くまでいろいろなお話をしたのですが、彼女と日本人ご主人との馴初めがとても素敵だったのです。

彼女が中学生の頃、友人の家に電話をしようと受話器を取りました。ルルルルルル…という音の後、聞きなれない男性の声がしました。

「はい。●●●社です。」

若そうな男性の声でしたが変な訛りがあり、聞いたこともないような社名を名乗りました。頭の回転の速い彼女は、これは外国の商社に違いない、間違ってしまった、と悟りました。

「すみません。間違えました…」

電話を切ろうとしたのですが、何となく彼女が「あのう」と話しかけると「はい?」と返事が。イラン人女性である彼女は家族以外の男性とほとんど口をきいたことがなく、大変な緊張感を感じていたのですが、好奇心に負けて質問しました。「そちらはどこの国の会社なのでしょう?」

相手は日本の商社だと答えました。

そして、何と二人は間違い電話であったのにもかかわらず、1時間以上も話をしたそうです。

電話から二週間ほどして、彼女は好奇心に負け、再度あの日本の商社に電話をしました。そして、幸運なことに同じ男性が受話器に出たというのです。

それからは、二人はたびたび電話で話をするようになりましたが、イランというお国柄、外で会うことはかないませんし、彼女にはそんな気はありませんでした。イラン人女性にとっては、自由に恋愛をするなどということは、微塵も頭に上らなかったのです。

ある日、日本人男性は高校生の彼女に将来どうするのかを訪ね、「大学へ行こうと思っている」という彼女に「大学に行きながらでいいから僕の妻にならないか。僕はもうそろそろ日本に帰らなければならない。一緒に行かないか」とプロポーズをしたそうです。

この時点で二人は会ったこともなかったので、さすがに彼女はプロポーズを断ったそうですが、彼は彼女の両親も含めて初体面のご挨拶にやってきたとのこと。

まだ高校を卒業するくらいの年齢だった彼女は一旦プロポーズを断ったそうですが、それから数年後、再度彼がプロポーズのためにイランを訪れた時には、断る理由もないうえ愛される嬉しさもあり、受け入れたそうです。かくして、二人は結ばれ子供までもうけたとのことでいた。

電話でお話をするだけで結婚したいと思ったほどに、男性にとって彼女は魅力的だったのでしょう。素敵なお話です。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごい!ロマンチックですねーー!!
電話口で運命の人にめぐり合うとは、
私の家にも間違い電話がかかってこないかなぁと
期待しますww

akiko | URL | 2013/06/18 (Tue) 19:03 [編集]


運命的な出会いってあるものなんですね

本当に素敵なお話ですね。
たった一本の間違い電話から結婚にまで繋がるなんて、映画や小説の中のワンシーンみたい。

イランというお国柄も垣間見え、興味深いエピソードでした。

レポートの合間の時間がある時に、また思い出話を聞かせてくださいね。

こぴあこ | URL | 2013/06/19 (Wed) 21:51 [編集]


akikoさん

このところ忙しくて、お返事が遅くなり失礼しました。

本当に作り話のようなお話ですよねー!
彼女の話では全然好みではなかったらしいのですが、やっぱり誠実さに負けたそうです。
間違い電話からのお付き合いなんて、ロマンティックで憧れますねー(^^

楼蘭 | URL | 2013/06/24 (Mon) 11:27 [編集]


こぴあこさん

多忙につき、お返事が遅れて失礼しました。

ホント、映画になるようなお話ですよね!
イランは親の決めるお見合いでの結婚も多いそうなので、そういう意味では顔を知らなくてもお付き合いすることに日本人ほどの抵抗はないのかもしれません。

しかし、ちょっと憧れるお話です(^^)

楼蘭 | URL | 2013/06/24 (Mon) 11:31 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。