カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏スク難解講義の思い出

SN3T0147s.jpg

夏期スクーリングが終わり、私がいつものスモールオフィスに戻ってきたので、まるちゃんも通常どおり私の仕事中はデスクの下や椅子の下に戻ってきました。デレデレしながら仕事しています(*^_^*)

ところで、スクーリングの思い出としてよく思い返す科目があります。

入学して1年目に取ったこの某科目、文学部の私には畑違いだったうえに、外国人講師で(と言っても英語の科目ではなく)聞き取りづらく、さらには声は小さくペースはものすごく速いという、通信生のやる気を試すかのような苦難の講義が毎日続きました。

私は家計を握る主婦でもありますので、講義内容がわからないからと言って1万円をぽいと捨てるような勇気もなく、どうにか食らいついて毎日講義を受けました。いつも後ろに席を取るような私が、何と休み時間に質問しに行ったほどに講義の内容がよくわからなかったこの科目、日に日に受講生が減っていくのが目に見えてわかりました。

試験は持ち込み不可で、この6年間で最も単位を取れるか不安を感じた科目です。

スクーリングの最終日、午後の講義を終えて構内を歩いていると、講師控室にその某科目の先生が居るのが窓越しに見えました。他の大学からスクーリングのために来られていた外国人の先生にとっては、短期間に日本語で膨大な量を講義しなければならないというのは過酷な条件だっただろうと思います。

窓越しに見えた先生と目が合ったので会釈をすると、少し不思議そうに会釈を返してくださいました。

そんなに苦しんだ科目で、試験の出来も良くなかったはずですが、しっかりと単位を頂けました。

途中で諦めて来なくなった生徒たちも、自分なりに頑張れば合格をもらえたのではないかと思います。スクーリングの評価は、自分なりに頑張っていれば大抵は単位を頂けると、これまでの経験で感じていますので、やはり諦めないで努力することが一番大事なことだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

SS科目もいろいろあるんですね

日に日に受講生が減っていくスクーリングとは、さぞかし難易度が高い科目だったんですね。おそらく試験も難しかったのでは?
そうした経験を経ているからこそ、お仕事との両立で大変な中、今回も完走できたんですね。

やさしいまなざしのまるちゃん、いつもの生活がもどって一番ほっとしてるかもしれませんね。

こぴあこ | URL | 2013/08/29 (Thu) 19:31 [編集]


こぴあこさんへ

夏スクが終わり、娘さん&息子さん&わんちゃんに囲まれてのハーレム、満喫されていますかi-178

日に日に受講生の減った科目は、テキストでもやはり単位を取るのが難しいと噂を聞きますので、分野的に難しいのかもしれません。
私はさっぱりi-183でしたので、かなりおまけして頂いた感が強かったです(笑)

わんちゃんの写真、心待ちにしております~

楼蘭 | URL | 2013/08/29 (Thu) 21:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。