カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

提出後ひんやりのレポート

1週間前にぎりぎりで最後に書き上げたレポートはアメリカ文学研究Ⅱの課題で、The Eggというシャーウッド・アンダーソンの短編小説についての論述でした。

英語、少しは分かるけれども苦手な分野なので、まずは翻訳するのにだらだらと時間をかけてしまい、また、話しかけるような文調に普通の文章しか訳したことがない私はときどき頭の中がハテナだらけになってしまうこともありました。

それよりも何よりも。

題名がThe Egg(卵)というこの奇妙なテーマに翻弄されてしまった私。特に、最後の一文の理解にだいぶ長い時間苦しみました。

And that, I conclude, is but another evidence of the complete and final triumph of the egg---at least as far as my family is concerned.

is but another evidence of the...の"but"をどう訳したらよいのかにしばし悩み、いろいろと考えるとこの小説の書かれたのは1900年代前半ですので、少し古い表現なのかなと。そして下記のように訳したのですが、

I conclude
私は結論を下す

is but another evidence of the complete and final triumph of the egg
完全で決定的な卵の大勝利であるということのもうひとつの証拠に他ならない

at least as far as my family is concerned.
少なくとも私の家族に関しては---

いずれにしても作者の意図を読み取るのに苦労しました。

そして、「卵」がどういう役割を担っているのかばかりを考えてしまった挙句、本当に読書感想文のようなレポートになってしまった……と気が付いたときは、すでにレポートを提出した後。

再提出で済めば良いけれども、受付不可で突き返されたらどうしようかと落ち込む今日この頃です。


関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

外国語は難しい・・・

おはようございます♪

アメリカ文学すごいですね!
もうわたくしは英語はテキスト科目クリアーだけで満足満足!
でも英語は生涯細々でも続けて参りますよ。

ところで、信州へ何十回も???
わたくしより信州をご存じかもv-411
また案内してくださいねv-411

今日は久々の秋晴れ!
稲穂が揺れてます♪

都忘れ | URL | 2013/09/09 (Mon) 07:49 [編集]


都忘れさんへ

私も英語は必須分だけでもうお腹いっぱいと思っていましたが、喉もと過ぎれば何とやらで、思わず手を出してしまいましたi-229
添乗員ももうやっていないので、このままだと英語からどんどんと離れてしまうし…と思いまして。
長い付き合いになるかもしれませんi-202

信州は日本人の憧れの土地なので、よくツアーに同行しました。
都忘れさんよりも知っているなんてことは絶対にないですが、よく山に行きました。
温泉も堪能させて頂きましたi-186

稲穂がさわさわと揺れる景色の中で都忘れさんが笑顔でお散歩されている姿を想像しちゃいましたi-237

楼蘭 | URL | 2013/09/09 (Mon) 12:55 [編集]


作品の解釈ということ

文学のレポートは、書き方が今ひとつよく分からずいつも悩みます。
楼蘭さんが気がついていらっしゃった"but"も見逃しており、相当ざっくり読んでることが自分でよくわかりました。
レポートで、アメリカ文学は試訳を、イギリス文学IIでは詩の和訳を、試験ではアメリカ文学I は和訳を求められました。意訳にするか直訳にするかこれもいつも迷います。詩の和訳は、必死で自力で頑張ったにもかかわらずなにもコメントされておらず寂しかったです。
翻訳家ってすごいですよね。

si | URL | 2013/09/10 (Tue) 20:44 [編集]


siさんへ

お返事が遅れてすみません。

siさんは文Ⅲでしょうか?
アメリカ文学Ⅰ、Ⅱ、そしてイギリス文学までやられているなんてすごい!
私は何となく手を出してしまったのですが…とてもとてもイギリス文学の詩に手を出せる気はしませんi-183
日本語でも詩の理解は難しいと思いますが、siさんのあれこれ悩まれた努力にコメントがなかったのは問題がなかったからではないでしょうか。
いつも出来の悪いレポートほど盛りだくさんのコメントをくださるような気がしますのでi-229

本当に翻訳家ってすごいですよね。
前に仕事で上司の訳した文章をよく見たら全く正反対の意味になっていたことがあって、仕事が絡めば絡むほど責任重大だと感じました。

楼蘭 | URL | 2013/09/12 (Thu) 15:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)