カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インチキにも限界がある

1週間後に合気道の昇級試験があって、今回は2級を受けます。合気道を初めてちょうど2年、このまま病気などもせずに稽古に通い続けることができたら、後1年半以内に初段の予定です。

うちの道場では半年に一度しか試験がないので、このときを逃すと昇級できるのは半年後。とは言え、昇級・昇段には本部道場の定めた規定があり、その規定をクリアして尚且つ指定された技をこなせることが条件となっていますので、半年ごとに誰もが昇級・昇段できるということではありません。

ちなみに、2級の試験の規定は、「参級取得後に50日以上稽古をした者」となっていて、試験内容は20技以上。5級は4技、4級は5技と少しずつ種類が増えていき、初段はすべての技が試験範囲となります。

ところで、うちの道場は稽古日数について少し甘いところがあり、週に一度も来ないような人でも「半年ごとにどんどん昇級したい!」という熱意だけはある人が何人か居て、先生に「受けたい」と言えば許可が下りてしまうようなところがあります。

そんな感じで昇級を続けている白帯の人が何人か私の前後に続いているのですが、やはり技ができないし上達しないという実態があり、さすがに相棒やその他の黒帯の人たちに「うちの道場はこれでいいのか」と小声で囁かれる始末。

しかし、3級くらいになると技の種類も増えるのでさすがに対応できなくなってきて、傍から見ているともうこれがインチキ昇級の限界だろうというのがわかります。努力なくしては何も習得することはできないのだと教えてくれる反面教師になっているので、むしろ感謝すべきかもしれません。

この教訓は合気道だけでなく大学の勉強にも当てはまりそうです。

先生の決めることに出しゃばって意見できないため、先生が日数のインチキに気が付くまでは今のままです。しかし、努力は裏切らないということは普段の稽古から実感していますので、人のことは気にせず、自分は規定通りの努力をして初段を自信を持って取ろうと決意を新たにしているところです。

2013_0706.jpg
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昇級審査がんばって

こんばんは。
私は初段の試験を受けるまで6年ぐらいかかりました。初めたころ武道というものが理解できていなくて、機械的に2年ぐらいで初段がとれると思っていました。
私の人生で一番体力的にも精神的にもきつかったですが、今の慶應通信の勉強にも少しはその頃の経験が役立っていると思います。
昇級審査、緊張すると思いますが、頑張ってくださいね。
型と組み手があるのでしょうか。

si | URL | 2013/09/10 (Tue) 20:31 [編集]


siさんへ

siさんは空手の有段者なんですね!カッコイイ~i-237
私も早く黒帯になりたいとは思いますが、やはりそれなりに上手くならなければ恥ずかしいので、地道にお稽古に通っています。

空手は試合もありますので、合気道よりももっと厳しい心構えが必要でしょう。
苦労されて取られた黒帯、今もお稽古にはよく通われていますか? 6年間の汗と涙の成果である黒帯を手にされたときには感激されたことでしょう。

合気道の試験は二人一組で片方が技をかける方、片方が受けを取る方になって行います。

楼蘭 | URL | 2013/09/12 (Thu) 15:37 [編集]


投げ飛ばされる姿勢

以前相棒さんを投げ飛ばす写真がアップされ、投げ飛ばされてる相棒さんもかっこいいと見入ってしまいましたが、今回は楼蘭さんが受け身なんですね。
この姿勢からだと、頭はしっかり中に入り背中から床に着くのでしょうか?
合気道のいろはのいも解らないのですが、技をかけあうということは、お互いしっかり受け身ができるという信頼関係があってできるのではないですか?
インチキ昇給しちゃった人を相手にするって、ちょっと怖くないですか?

こぴあこ | URL | 2013/09/13 (Fri) 16:48 [編集]


こぴあこさんへ

こぴあこさん、観察力抜群と言わずにはいられないですi-189

合気道は技をかける「取り」と、それを受ける「受け」の二人というのが基本です。
取りだけやっていても受けはうまくならないのに、試験は基本的に取りしか見ないので、取りだけどうにかできたとしても受けは下手な人も多く、インチキな人ほどそういう傾向があります。
だからこちらとしては怪我させないかと心配になって、緩く技をかけるしか仕方ない相手も多いです。

それでも、すべてが自分との勝負。自分さえきちんと精進できれば良いかと思っています。

楼蘭 | URL | 2013/09/14 (Sat) 02:48 [編集]


今日はもしかして、昇級審査だったのでしょうか?
家庭もお仕事も学問も。。。
楼蘭さんの中にスッと通る芯の強さは、まさに鍛錬された身体と心なればこそなのですね。
20代の独身の頃、こんなにのんびりしている私にも某武道に精進していた時期があり(笑)、二段まで夢中でがんばりました。(決して相撲ではありません)
楼蘭さんのブログを拝見していると、仕事が忙しくなるとともにどんどん道場が遠くなり(笑)遂には自然消滅の形で辞めてしまったことで、ずっとペアを組んでいた相手の方にも結局かなりの迷惑をかけてしまったことを思い出し。。。今、心の底から自分の無礼極まりない無責任さを反省するばかりです。(ホントに今更だわ)
両立は本当に大変です。その後も何度か復帰を試みましたが、叶いませんでした。
しかし、楼蘭さんは、まさに文武両道。
立ち向かうその姿勢はとても美しく、本当に素晴らしいと思います。
尊敬を持って、心から応援しています。

而二不二(ににふに) | URL | 2013/09/15 (Sun) 17:50 [編集]


而二不二さんへ

昨日、まさに昇級試験でした!
帰宅して而二不二さんのコメントを拝読して嬉しかったですi-189

褒めて頂けるほどきちんと自分を律してすべてを両立(三立?四立?)できているわけではないので、而二不二さんのお言葉に恥ずかしくて穴を掘りたくなってしまいましたi-201
でも、理想は理想として大事に掲げてこれからも頑張りたいと思います。ありがとうございますi-237

何よりも而二不二さんが一生懸命されていた武道があったということをお伺いし、共通点を見付けて嬉しくなりました♪ パートナーの居る武道って何だろう、なんて考えていたら、夢にまで見てしまいました(笑)
特に20代などの若い時からやっている習い事などは、女性の場合特に結婚や出産、子育てなどで続けるのが難しくなることも多いですよね。だから、それもまた大事な人生の選択なのだと思います。
それよりもずっとそのことを思い続けておられる而二不二さんが素敵だなと思いますi-228

楼蘭 | URL | 2013/09/16 (Mon) 20:26 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。