カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

改訂テキストで悩むのは私だけ?

総合科目のレポートはあと一教科。なのに専門科目に入って久しい今でも手を付けずに残していました。

その理由は、履修予定の哲学のテキストが2012年に改訂になってしまったから。手元にテキストがないので、とりあえず後回しにしてきたのです。

『改訂・哲学』となったこの科目を履修するには、追加履修の手続きを行ったうえで、新しいテキストを購入せねばなりません。『塾生ガイド』のP75を読む限り、わざわざ巻末の手続き用紙と返信用封筒を同封して、追加履修の登録手続きをする必要があるようなのです。

と、2日前まで思い込んでいました。

そろそろ哲学も履修するぞーと意気込んで、追加履修の手続き用紙を発送したのが先週始め頃。週末には同封した返信用封筒が戻ってきたのですが、その書面を読んで間抜け顔になってしまった私。

「改訂の科目は追加履修の必要はありません。(中略)詳細は塾生ガイドの57ページをご覧ください」

え……?

早速P57を読んでみたらば、確かに「改訂テキストを履修する場合」という項目がありました。が、私はP75の追加履修のページしか読んでいなかったからなのか、全面書換科目と改訂テキストとの区別がとても分かりにくいように感じました。どちらもテキストは買い替えなければならないので、分かりやすく「改訂の場合は追加履修手続きの必要はありません」と明記してくれると一目瞭然だったのに。

こんな間違いをするのは私だけかもしれませんが、今後自分自身がこの事実を忘却しないように、そしていつか誰かが「慶應通信 改訂テキスト 追加履修の必要性」と検索したときに微力ながら参考にしてもらえるように、ここに記しておきたいと思います。南無阿弥陀仏

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

だけじゃないと思いますよ。

楼蘭さん、こんにちは。

私は2年度に入る時がちょうど、それまでの『哲学』から『改訂・哲学』に切り替わるタイミングでした。

追加履修の経験はありませんが、たしかに、「全面書換科目」と「改訂科目」の違いは分かりにくいですね。
前者が「オーナーも代わってメニューも内装も従業員のユニフォームも全て生まれ変わった店」とすると、後者は「オーナーは代わらないけども内装とメニューを一部変更しリニューアルした店」ということでしょうかね。
(話が相変わらず分かりにくくて、すみません^^;)

中身は"改訂"でも、一部は書換えているわけなので"書換え科目"ぽく見えますよね。まぁ、「ちょっとだけ書換科目」とされたら、余計に紛らわしいので、それはそれで勘弁ですが(笑)


慶應通信生活をしていく上で、とても有益な情報だと思います。
私も同じことやらかしそうなので、とても他人事だとは思えませんので。
ありがとうございます。


話しは違うのですが…

↓10月22日の記事(レポート再提出期限には気を付けよう)に、相棒様のブルースバンドのライブ写真が貼られていますが、相棒様は、フロントでボーカル&ギターを担当されている方ですよね。
(ストラト風の形状でメイプルネック、ボディがナチュラルっぽい色のギターを弾かれている、ような…)

私はベースを弾いてました。
過去形なのは、慶應通信入学してからとんとご無沙汰しているためで、指がすっかり鈍って再開するためにはリハビリが必要。
中年オヤジの下手の横好きで、楽器、好きなんです…( ̄∀ ̄*)テヘヘヘ

PAKAPON | URL | 2013/10/29 (Tue) 15:23 [編集]


PAKAPONさんへ

PAKAPONさん、こんにちは。いつもながら温かいお言葉、ありがとうございますm(__)m 

塾生ガイドなどはよく読む方なのですが、追加履修については今一つ分かりづらかったです。
しかし、「全面書換」と「改訂」の違いを考えてみると確かにね、と思ってみたり。
ただ、P75に改訂についての記述がなかったことが災いしたような気がします。P57も読んでいたら、きっと判断に困って事務局に電話したのではないかな~

ところで!
PAKAPONさんもベースをやっていらっしゃったのですか!
私も大学が落ち着いたら、高校生の時以来ですが、ベースをまたきちんとやろうと思っているんです。
そうと知っていたら、この間の試験の日、無理矢理にでも相棒のライブに引きずって行くんでした(笑)

相棒はご指摘の通り、中央に映っている人物で、Vo&Gをやっています。このときはテレキャスターを持っていますが、普段はエピフォン・カジノを弾いていることが多いです。(ビートルズ好きなので)

PAKAPONさんはバンドはやっておられないのでしょうか? またさらに興味が湧いてしまっております♪

楼蘭 | URL | 2013/10/31 (Thu) 23:27 [編集]


下手の横好き

楼蘭さん、こんにちは。

塾生ガイドにしても、毎月届くニューズレターにしても、事務局ではなるべく間違いのないよう、クドイぐらいに説明をして下さっているんだとは思うんですけど、やはり、戸惑ったり、見落としたりすることは避けられないですね。
なので、ちょっとでも迷ったら、
務局に問い合わせるようにしてます。

おおっ~、楼蘭さんもベース弾かれるですか!(素敵ですね)
これ自論ですが、ベースほど女性が弾いて似合うサマになる楽器はないと思いますよ。
エレべでも、ウッドベースでも。楼蘭さんだったら絶対、カッコイイこと間違いなし!ぜひ、ぜひ再開してください(^o^)/

相棒様が弾かれていたのはテレキャスだったんですね。
画像エフェクトでそこまでわかりませんでした(笑)

エピフォン・カジノですか。ジョンレノンですね!(^o^)
スタジオのあるビル屋上で、ビートルズが演奏している映像を思い出しますね(Youtubeでも見られるね)。あそこでレノンが弾いてるのがカジノですよね。

20代の頃にIbanezのセミアコギターを所有してて、しばらくして弾くのを止めて、そこから長~いグランク。
40代になって突然、今度はサックスを手に入れて、ズ~ジャ(Jazz)をやり始めました(^-^)
アルトサックスから始めて、テナーサックスをメインに吹いていて、ある時、ベースも面白そうだなと始めた次第。なので、ベース歴は短い方です。
Jazzに限らず、音楽はいろいろと好きですし(気が多い^^;)、ベースは応用範囲が広くて、だと色んな音楽で楽しめますからね。
慶應通信は入学する直前は、トロンボーンを吹いてました(^o^)

バンドは特に組んだことありません。サックスやっていた時は、セッションに参加したり、仲間で集まって内輪のライブパーティーとかよくやってましたが、基本、一人でその時の好きなものをやっているのが気楽なので(笑)

でも、ガッツリ系の濃厚豚骨味背脂タップリの骨太ハードロックバンドには憧れがありますね。
ギター・ベース・ドラムスの3ピースで、見た目が危ないオヤジバンド。音がやたらデカイ(笑)

では。

PAKAPON | URL | 2013/11/01 (Fri) 09:55 [編集]


PAKAPONさんへ

PAKAPONさん、こんばんは!
ちょっとお返事が遅れて失礼しました。

> おおっ~、楼蘭さんもベース弾かれるですか!(素敵ですね)

もう長いこと弾いていないので、「弾ける」と言って良いものか、それ以上に「素敵」と言われるほどの腕なのか自信はないのですが… ただ、ベースは大好きです!!
PAKAPONさんのお言葉に素直にいい気になってベースを再開したいと思っています!
一応、エピフォンのSGを持っているんですよ~
高校時代にギターを始めたとき、友人のお父さんのSG借りて弾いていたので、SGに思い入れがありまして。

相棒の画像が加工してあるのでよく分からなくて当然ですが、細かく観察してくださったことに相棒も喜んでおります♪

PAKAPONさんもいろいろな楽器をやっておられたのですね。というよりもまだまだ現在進行形ですね。
興味が湧いたら何でも実際にやってみられるという方なのだと、大学の勉強にも反映されている積極的な姿勢そのままですよね。
何でも有言実行されているので、サックスもトロンボーンもベースも結構な腕前のはずだと思います。

私が高校の時にボーカルに誘って一緒にバンドをやっていた同級生は、今はジャズのプロのボーカリストになっているんですよ~ 私はへなちょこだったのに(笑)
音楽というのは一生やめられない素晴らしいものですよね。
いつか相棒のライブも聴きにきてくださいね!

楼蘭 | URL | 2013/11/05 (Tue) 22:38 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)