カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

東洋史の攻略法はこれ(かも)

昨日、毎度のことながら苦しんだ科目試験が終わり、今日から新たな気分で~と思っていたら、相棒が出掛ける時間に起きれずにベッドからお見送りしました 

今回の試験で最も出来が悪くて再試験確定なのが総合科目の東洋史です。2度目の試験なのに今回もあまり勉強できず、その上40年も前に書かれたからなのか範囲が広い割に薄いテキストだからなのか、読んだだけでは理解もし辛くて、最初からあきらめて受けた科目でした。

そんな中でも、今回は過去問を眺めながらずっと中国の康熙帝のことが気になっていました。何だか康熙帝が「俺のことを勉強しろ」と言っているような気がする……。にも拘らず、タイミングが合わずに他のことを先に勉強していて、せめて試験に向かう電車の中で康熙帝の項目をちょっと読んでおこうと思ったらば、何とテキストを家に忘れてきてしまっているではありませんか

そんなこんなで、康熙帝については清国の皇帝で台湾を平定した人というさらっとした知識しかないまま試験に臨んだら、まんまと康熙帝についての問題が半分ほどを占めていて、何の呪いなのかと背筋が凍りました

それはさておき、東洋史の試験内容は毎回テキスト内の一部の範囲が穴埋め式で出題され、さらにいくつかの項目について150~250字以内で記述し説明せよというもの。よく内容を把握しておかないと、ただでさえ記憶力の悪い私など、なかなか中国や朝鮮やモンゴルやベトナムやビルマやチベットやインドやタイやトルコ民族などなどについて、細かい事件を理解して知識にしておくことは難しいと実感させられています。

そこで、総合の東洋史を攻略するために、専門の東洋史概説ⅠとⅡの2科目を履修することにしました。これらを学べば必然的に総合・東洋史の範囲も網羅できるので、試験勉強としては一石二鳥だと思われます。(確信はありませんが)

もともと中国史には興味がなかったのですが、今回少し勉強してみて、それほど敬遠するものでもないかなという印象に変わりました。テキストを読むだけでは面白くないときは、Youtubeで配信されている講義の動画(たとえば→ 「細谷の世界史マンガ講義」)なども参考にさせてもらうなどして、どうにか東洋史を攻略していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

東洋史は面白いです!

楼蘭さん こんにちはv-10

テキストを忘れてしまったの?
わたくしは試験会場で、自分の学籍番号を忘れました(笑)
想いだせないのに一瞬びっくり致しました!
もちろん、あちこちに書いてあるから忘れても書けるんですが、今回の試験には老化を感じましたv-15
これは早く終わらせないといけないと思ったほどです。

でもね・・会場で15年目と言う方にお会いしたのです。
モチベーション維持は大変でしょうが、ゆっくり学んでる方もおいでるのですね!

みんなそれぞれの学び方!
楼蘭さんは楼蘭さんのやり方で!カッコよく決めていってくださいv-353v-352

都忘れ | URL | 2014/01/27 (Mon) 15:32 [編集]


都忘れさんへ

都忘れさん、ご無沙汰しておりますm(__)m
12月から記憶があいまいな感じで過ごしておりましたため、都忘れさん始めいろいろな方に失礼しっぱなしになっている私をお許しください~

テキスト忘れました(^・^)
でも、すぐに開き直って、まあそんなものかなと思いました。
東洋史で合格するとしたら、山が当たりまくったというケースしかなかったので、最初からこんな感じではだめだな~と思っていたのですよね(笑)

都忘れさんは東洋史はお得意なのですね!
ぜひともご教授頂きたいです(=_=)

都忘れさんに老化はまだまだまだまだまだ早すぎるでしょう!
私も突如として自分の携帯番号や郵便番号など、いつもスラスラ言えて当然だと思っていたナンバーを失念することがたまにあります。
いやもう、数字なんか覚えるくらいなら試験の答えを少しでも多く覚えたいし(笑)

ゆっくり、だけど確実に歩んでいきたいですね。
今年もどうぞよろしくお願い致します♪

楼蘭 | URL | 2014/01/27 (Mon) 23:46 [編集]


宮崎市定

楼蘭さん、おはようございます。

私は只今東洋史概説Ⅰの最中です。2012年度版で取り組んでいるレポートのお題は「史記」。この科目が俄然楽しくなったのは、参考文献で宮崎市定というセンセイに出会ってからでした。
味をしめて、テキストの内容理解のために『アジア史概説』(宮崎市定、中公文庫)というのを古本で購入したのですが、その折に参考にした書評が

http://1000ya.isis.ne.jp/0626.html

コレです。
もしかして楼蘭さんの役にも立ってくれるのでは、と思いましたので、ご紹介させて頂きました。
参考までに(^.^)。

cimico | URL | 2014/01/28 (Tue) 10:16 [編集]


こんばんは

仕事に勉強に合気道に・・・
フルに頑張られている楼蘭さんを
私も少しは見習わなきゃと思います。

私もいつか歴史に取り組みたいと思っていますが、
まだまだ先になりそうです。
東洋史、テキストを見るととっても難しそう!
楼蘭さんのブログを参考にさせていただきますe-257

おさんぽ | URL | 2014/01/29 (Wed) 22:51 [編集]


cimicoさんへ

cimicoさん、こんばんは!
ちょうど偶然にも東洋史概説Ⅰのレポートを書かれているところなのですね。
いろいろとご参考にさせてください!

宮崎市定、まだいろいろと雑務に追われて調べていないのですが、とっても有り難い情報をありがとうございます。やっぱり糸口が大事ですよね! cimicoさんが私の苦手&もともと興味のないというハードルの高い中国史への糸口を手繰り寄せてくださっているような気がして、本当に本当に有り難いです<(_ _)>

まずは12月に書きたかったけれど書けなかった再レポに取り組んで、その後宮崎市定を読んでみたいと思います。ありがとうございます!

楼蘭 | URL | 2014/01/30 (Thu) 18:47 [編集]


おさんぽさんへ

おさんぽさん、こんばんは!
フルに頑張っている振りして、ストレスがたまらないように結構気を抜いているのが私です(^・^)
だから見習ったら返って怠け者になってしまうかもです(笑)

歴史は総合の科目と専門の科目と一緒に履修した方が効率的だし解りやすいと思います。
私も以前にそういうアドバイスをもらって、だから総合の西洋史と東洋史は後回しにしていました。
総合の西洋史に関しては、専門の西洋史関連と東洋史特殊などの履修でついた知識が、試験で役立ちましたよ。
歴史に拘らず、同じ類の学問はいっぺんにやった方が効率的ですよね。

いつも適当なことばかり書いていますが、こういうことに関しては少しでも参考になるように書くよう、努力しますね(^^;

楼蘭 | URL | 2014/01/30 (Thu) 18:59 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)