カッコイイ自分への旅!

慶應通信と仕事と武道で「カッコイイ自分」になりたくてゆるゆると精進中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レポートにひょんな方面からケチがついた話

3月初旬に提出した科学哲学のレポート課題は、2013年度の進化論に関するものでした。

その科学哲学のレポートを書いていたまさにその頃、私の親戚で獣医師をやっている50代の男性とコンタクトをとる機会がありまして、別段意味はなかったのですが、ついでに進化論についてのレポートを書いている旨をちらっと話しました。すると彼は、生物学つながりというゆえんか、そのレポートを読みたいと言い始め、そのときは冗談ではないと思って流していたのですが、さらに後日メールを送ってきて「僕も読みたい」としつこく食い下がったのです。

そのメールを受け取った時、ちょうどレポートを書き終えたばかりでパソコンの前に居た私は、まあいいか、親戚だし、と魔が差し、メールに添付して送ってしまったのです。

かくして1時間後―――

私が数日間悩んで書き上げた大事な科学哲学のレポートは、課題が何であるかすら明確には知らない獣医師の彼によって添削されて戻ってきました

と言っても、内容についてではなくて、大抵は用語に関して「これは○○の方が良いのでは?」という感じの指摘ばかり。私の使った用語はテキストや参考文献をもとにしているので、それらが不必要な添削であったことは言うまでもありません。

しかし、その中で容認できなかった暴挙は、レポートの課題が何であるかを明確に知らないにもかかわらず、もっとも大事なまとめの文章を彼なりの認識で勝手に書き換えられていたことでした。そこを書き換えてしまったら私のレポートではなくなるっての!

きっと彼はいつまでも私がまだまだ若くて未熟だと(未熟は合っていますが)思っていて、親切心で頼みもしないのに添削してきたのだろうと思いますが、久しぶりに激しく不愉快な気分になりました(笑)

もちろん、自分のレポートなので一切書き直すことなく提出しましたが、添削好きな人っているのですよね。うちの親戚にもう一人そういう人が居ますが、それはまた次回書きます。

PageTop

レポート作成マシン週間

西洋史特殊Ⅲの再々レポートの勉強にハマりすぎて(ほとんど片思いです)、その上レポート提出期限の1週間前に長野へ旅行へ行くなどして(これは前々から予定していたのでキャンセルするわけにもいかず)、気が付くとまだレポートの勉強も始めていないのに提出期限1週間前になっていました(゜゜

今回は科学哲学とオリエント考古学、あわよくば東洋史概説と考えていたのですが、1科目でも大丈夫かどうか心配な状況に(T_T) 

科学哲学は「進化はどのような要因によっておこると説明されているか要約しなさい」という課題を選択したのですが、毎日毎日「今日も終わらなかった」という感じで昨日まで持越し、夜の21時頃にどうにか仕上がりました。

そして、今朝からオリエント考古学に取り組み、午後一番でレポート終了。またまた最短記録を更新してしまった模様…

さすがに見直す暇もないので、どちらも自信があるとは言えませんが、2科目提出できてホッとしました。


SN3T0415s.jpg

PageTop

レポート地獄脱出

レポートを書くことが地獄に感じるほど、ぎりぎりまでやるべきことを溜めておく自分が悪いといつも思っているのですが、早めに参考文献を読んでいても余裕を持ちすぎて丁寧に読んでしまい、結局いつも提出期限ぎりぎりに「やっぱり端折り読みをしなければ間に合わん!」と大騒ぎするはめになります。

今回は相棒が風邪をひいたので一旦うつされて熱が出た日もありましたが、後がないので精神力(?)のお陰かkappa教のご利益か(笑)、とにかく即快復。そのまま合気道の稽古に行ってみたりして。

レポ提出期限の前日も仕事があったので、早起きして(さすがにその日は合気道も休んで)空き時間はレポートに注ぎ込んでいたのですが、何と予想だにしない長話のお客さんからの電話で小一時間ほど無為に時間を費やす(内容の9割は世間話…)という不幸に見舞われました。

そんなこんなで、提出期限の今日は朝3時に起きてレポートを仕上げ、また今回も締め切り期限当日に郵便局の窓口で「今日の消印で!」と念を押しつつ、3教科のレポートを提出してきました。

1月の科目試験は、前回Dだった総合の東洋史と、今回レポートを提出した改訂・哲学、国語学、西洋史特殊Ⅰの4科目を受験の予定です。哲学には時間がかかりましたが、結果は別としてとにかく書き終えることができて良かったです。このノリで久しぶりに睡眠誘発剤の代わりに『ソフィーの世界』でも読もうかと思います。

さてさて、我が家では土曜日の昼食から今日(月曜)の相棒のお昼のお弁当までずっとミートソースでした。土曜日の午前中に大量に煮込んでおいたからです。もちろん家事をサボって勉強と仕事のみに集中するためです。 

こんな横着な嫁はあまり居ないのだろうと思いつつ、恥をさらしてみたくなってここに書いてみました。

相棒とまるちゃんにはご迷惑をお掛けしておりますm(__)m

SN3T0281s.jpg

PageTop

リビングテーブル占拠中

結局、ようやく本腰を入れてレポートに取りかかれたのは昨日から

SN3T0261s.jpg

リビングの隣の部屋に私のデスクがあるのですが、そちらは基本的に仕事用なので、レポートや試験勉強が始まるとリビングのフロアテーブルが私の勉強道具に占拠されます。

今回もレポートが完成するまでは、このテーブルがどんなに散らかろうとも、相棒が手を触れることは一切ないでしょう

PageTop

レポート再提出期限には気を付けよう

10月20日の試験の途中に、何故か突然にひらめいたこと。

「4月22日に返送された不合格のレポートの再提出期限は10月22日ではなくて10月21日なのでは?」

あんまり気が乗らず、そのうえ仕事などで時間を取られて、先延ばしにしていた西洋史特殊Ⅲの不合格レポート。その返送日が4月22日だったのです。つまりそろそろ再提出期限間近。

試験勉強もままならない中、再レポは試験後の2日で仕上げるつもりだったのに、本当は1日しかなかったことが判明してしまったのが試験最中。そしてそれは期限の前日でした。

だけど、22日まで大丈夫だと思ってずっと気が付かずにいたら、せっかく試験には合格しているのに試験もレポートも両方ともやり直しになってしまいますので、そう考えると前日に気付くことができて本当にラッキーでした。

私、やると決めたら執念深いのですよねー。

試験の後、夜は相棒のバンドのライブに出掛け、帰宅したのは夜中の0時でした。

Jawfish 20130302-9s

翌朝、さすがに遅めの起床でしたが、とりあえず受付不可にはならない程度にレポートを書き上げ、16時半過ぎに郵便局へと持ち込みました。

内容的には再度不合格かなというものですが、兎にも角にも命はつながったと思います。次回の再提出時にはさすがにしっかりと書かねばと反省になりました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。